上手(かみて)と下手(しもて)は舞台のどっち?

舞台やステージの用語に「上手(かみて)」「下手(しもて)」とありますが、演劇や音楽などをやっていない人にとってはあまり使い慣れていない言葉。

そのため、いざ言われると「どっちが、どっち?」ってなる人がほとんどだと思います。

視覚的に見るのが一番分かりやすいと思うので、画像で説明するとこんな感じに…

stagelr

客席側から見て、舞台の右側が「上手」、左側が「下手」となります

すなわち、演じている人からすると舞台の左側が「上手」で右側が「下手」になるわけです。

覚えると落語などが面白くなる

「上手」と「下手」には舞台の左右を示す以外にも、様々な意味を含んでいます。特に一人で話す「落語」においては、どちらを向いて話をしているかが実は重要だったりもします。

日本の演劇では「上手」に「身分の高い人」や「年上の人」が座る設定になっていることから、落語においても「上手」を向いて話している相手は「身分の高い人」や「年上の人」に。

逆に、「下手」を向いて話をしている相手は「身分の低い人」や「年下の人」となるわけです。

stagelr

家のセットにおいても演劇では必ず「下手」に玄関を置くことになっているので、「下手」を向いている場合には家から外へ出る表現に、そして「上手」を向いている場合には家の中へ入る仕草を表しています。

これらの事を覚えておくだけで、少し「落語」が面白くなりますよ。

英語で表現は?

「上手」と「下手」を英語にすると、「Stage Right(ステージの右)」「Stage Left(ステージの左)」となります。

英語に関しては少し混乱する人もいますが、ステージ側から見て右側が「Stage Right」、左側が「Stage Left」となるため、客席側からすると右左が逆になります。

日本の演劇や落語のように海外では「上手」と「下手」の意味がないようなので、お客さん側として特に覚える必要はなさそうです。