【2019年】今年の漢字一文字は、「令」に決定!【令和最初の漢字】

毎年12月12日「漢字の日」には、京都・清水寺で「今年の漢字」を発表するのが恒例となっていますよね。

今年は「令和」となって最初の漢字となるので、より注目が集まっています。

それでは、あなたが予想していた漢字になっているでしょうか?

今年の漢字、一文字は何?

今年の漢字は…

今年の漢字

なんと…

今年の漢字

令和の「令」でした!

2位以下は「新」、「和」、「変」、「災」、「嵐」、「水」と続いたようです。

まあ、今回は予想が当たった人も多いかもしれませんね。

今年の漢字を予想している人たち

今年の漢字

毎年のことなので、今年の漢字一文字は何かと予想している人も多かったんですが、「令」は確かに多かったです。

例年で言えば、その年に起こった事柄が反映されることが多く、2018年の漢字には災害が多かった年ということもあり「災」が選ばれました。

今年は「台風」の被害が大きかったので、関連する漢字も予想にはあがっていましたが、やはりこれからの日本を考えて「令」が多かったのかもしれませんね。

では、皆さんの予想はどうなっているのか見てみましょうか。

「今年の漢字」をふりかえる

日本漢字能力検定協会が毎年、日本・中国・台湾から応募された漢字一文字を集計して、「今年の漢字」として12月12日に発表しています。

簡単に、昨年までの「今年の漢字」をふりかえってみましょう。

西暦今年の漢字
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

こう見てみると、「災」と「金」の漢字がよく選ばれていますよね。

さいごに

2019年の「今年の漢字」は「令」になりましたが、皆さんの予想は当たっていましたか?

2020年はオリンピックなどが予定されているので、良い年明けにしたいですね。