2020年「令和最初の初競り」もやっぱり!【史上2番目の高値に】

毎年恒例、「マグロの初競り」が豊洲市場で5日の5時から行われました。

そして競り勝ったのは、やっぱり…

【すしざんまい(喜代村)】!

史上1番目に高値となった昨年の3億3360万円よりは低いものの、史上2番目の高値となる1億9320万円で競り落としました。

過去の初競りを見てみる

ここで、ちらっと過去10年ではどんな金額で競り落とされているのか見て見ましょう。

金額(万円)落札者
2019年33,360喜代村
2018年3,645鮨おのでら
2017年7,420喜代村
2016年1,400喜代村
2015年435喜代村
2014年736喜代村
2013年15,540喜代村
2012年5,649喜代村
2011年3,249リッキー・チェン/久兵衛
2010年1,628リッキー・チェン/久兵衛

過去10年で見ると、ほぼ「すしざんまい」ですね。

その年に出されたマグロの大きさとはあまり関係なく、昨年なら「豊洲市場となって最初」や「令和で最初」などの節目で高値となる傾向にあります。